陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります

M-1グランプリ、トップバッターが極端に不利説を検証してみた。平均順位、最終決戦出場率など

毎年思うんですが、実際のところどうなんでしょう?

 

検証方法は至ってシンプル。

過去13大会の、ネタを披露した順番ごとの平均順位の計算です。

なお、第1回大会では一般視聴者投票がありましたが、それは抜いた順位とします。

例えば、5番目にネタを披露したコンビは、第1回大会から、おぎやはぎ9位、フットボールアワー1位、2丁拳銃4位、南海キャンディーズ2位、ブラックマヨネーズ1位、トータルテンボス5位、トータルテンボス3位、U字工事5位、笑い飯1位、ナイツ6位、ジャルジャル1位、スリムクラブ8位、かまいたち4位なので、平均順位は4.0位です。

(小数点第2位を四捨五入)

 

 

M-1グランプリ2016 伝説の死闘! 〜魂の最終決戦〜 [DVD]

M-1グランプリ2016 伝説の死闘! 〜魂の最終決戦〜 [DVD]

 

 

 

 

で、結果はというと、

1番目 5.9位

2番目 6.4位

3番目 6.5位

4番目 4.9位

5番目 4.0位

6番目 4.9位

7番目 5.3位

8番目 4.2位

9番目 3.3位

 

第1回、および13回大会は10組までありましたが、そこはカット。

ラストでワイルドカード枠になる9番目がやはり順位が高くなりますが、トップバッターの順位がそれほど極端に低いというわけではなさそうですね。

意外。

 

ちなみに平均得点

1番目 599.6点

2番目 599.8点

3番目 591.0点

4番目 612.0点

5番目 624.2点

6番目 612.3点

7番目 606.5点

8番目 618.8点

9番目 620.5点

大会によって最高点が違うので、参考までに。 

まあこんなもんかって感じですね。

 

ついでに最終決戦出場率(最終決戦出場者数÷大会数×100)を計算してみると

1番目 15.3%

2番目 15.3%

3番目 15.3%

4番目 30.8%

5番目 46.2%

6番目 38.5%

7番目 23.1%

8番目 38.5%

9番目 69.2%

目立って9番目の数字がいいですね。過去13大会で、実に9組が最終決戦へと進んでいます。

 

 

 

とういうことでまとめ

  • トップバッターだけが著しく不利ということは無いが、最初の3組目くらいまではやっぱりちょっと不利
  • 9番目(ワイルドカード)は大幅に有利
  • 意外に5番目が穴場!

 

 ということがわかりました!

 

 

M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010 [DVD]