陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります

ネットでのバッシングは本当か?レーシック手術を受けて5年。経過を振り返ってみる。

 

 

高須クリニックの院長のレーシック手術についてのコメントが話題になっています。

個人的にはあまりおすすめ出来ない、レーシックの専門家はメガネをかけているでしょ、と。

ネットを見るとレーシック否定の意見が多いような気がしますが、実は僕はレーシック手術の経験者だったりするので、今日はその話をしようと思います。

 

 

①動機

大学時代から急激に視力が低下しまして(ゲームのやりすぎ?)、0.1以下になってしまいました。ただ別にメガネで普通に生活はできていたため、当初レーシック手術を受けようという気持ちはありませんでした。

 

社会人になって、以前書きましたが、保険関係の仕事をしていたんですが、実績にもなるからと、当時入っていた医療保険を新しいものに切り替えるよう、半ば強制されたわけです。

それで、仕方ないな、切り替えるかと思ったんですけど、最初入っていた保険はレーシック手術が保険金支払いの対象になるのに対して、新しい保険では支払いの対象にならなかったわけです。

ちょっともったいないなということで、手術を受けることを決めたという、なんとも浅はかな動機です。

 

 

②手術

レーシック手術ができるかどうか、目の状態を見るために何度か通院して、よしOKということで、いよいよ手術です。

手術は土曜日。僕を含めて受ける人が6人いましたが、自分以外全員女性でした。

看護師の方から順番が伝えられ、僕は5番目でした。実は生まれてから1度も手術というものを1度も経験したことがなく、始まる前はかなり緊張しました。

待合室で6人座って待っていると、最初の人が呼ばれ、10分後には手術が終わって戻ってきました。最初の説明で時間はそれぐらいと聞いていましたが、思っていたより短かったことと、終わった人が涼しい顔をしていたのを見てだいぶ安心しました。

 

その後も順調に進み、僕の次の人が呼ばれました。ところがそれから30分経ってもその人が出てきません。どうしたんだろうと思っていると、看護婦さんがこう言うわけです。

「ごめんなさい、前の人、出血がひどくて時間かかってます。」

僕は思わず「えっ、出血とかあるんですか!?」と聞き返してしまいました。

 

まあそれでも何とか終わったみたいで、いよいよ自分の番です。部屋に入ると、ゴムボールを2つ渡されました。

「痛かったら、これを思い切り握って我慢してくださいね。」と先生。

(えっ、そんな痛いの?マジ?)

という感じでしたが、手術自体は麻酔(目薬)が効いてるので痛くないんですよ。ただ目が閉じないように、謎の金属機械で目の周りを固定されたんですが、それがめちゃくちゃ痛くて、しょうがなく言われた通りゴムボールを握ってました。

 

で、手術は無事終了。ただその日はまぶしくて目を殆ど開けることができませんでした。(これについても事前に説明はあったので、病院への送り迎えは親にお願いしていました。)

 

 

③その後の経過

翌日再び病院へ行き検査。手術は一応成功で、視力は1.5まで回復しました!

その後は定期的に通院し、状態を見てもらいながら、目薬をもらい、それを半年くらいかな、1日に3回ほど差していました。

キツかったのが、手術してから1週間は目に何か入らないように、頭を洗うことも禁止だったことです。僕はバッサリ髪の毛を切って、濡れタオルで拭く感じで乗り切ったんですが、女の人は大変だろうなあと思いました。まあゴーグルをつけるとか、いろいろやり方はあると思いますが。

 

とりあえずあれから5年経過し、今は病院にも行っていませんが、視力は1.5をキープしています。

 

ちなみに僕が受けた病院ではレーシック手術は両目で20万円だったんですけど、保険で片目につき、10万円の保険金が貰えたので、プラマイゼロで済みました。

 

 

④まとめ

最初の動機こそ軽率なものでしたが、一応自分なりにメリット、デメリットを調べて、最終的に決断したことなので、後悔はないです。もちろん10年20年後どうなっているかわかりませんけど。

何より今ものがよく見えるということが嬉しいですしね。メガネなしなのがこんなにラクだったとはという感じです。

 

以上参考になれば。

リスクもあるので、よく考えて決めてください!