陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります

京都の老舗のカバン屋さん、一澤帆布へ行ってきました

先日、京都へ行ったときに、信三郎帆布のカバンを買ってきました。

 

f:id:zarathustrasprach:20170814134051j:plainf:id:zarathustrasprach:20170814134102j:plain

 

じゃん!

ちょっと画質が悪いですが、シンプルながらお洒落で、しかも丈夫で使いやすいです。

 

なぜここへ行ってきたか、というか、なぜここを知っていたかというと、数年前、ワイドショーなんかでけっこう話題になったからです。

 

詳しい説明は省きますが、一澤帆布の3代目、信夫氏が死去した後、誰が会社の経営者になるかの相続で揉めたんですね。

当初遺言によると、三男の信三郎氏が会社の株式の殆どを相続することになっていたのですが、その後長男の信太郎氏が、株式の殆どは自らに相続権があるとする別の遺言書を持ち出しました。

結局裁判では信太郎氏の主張が認められるかたちになり、信太郎氏が一澤帆布の取締役社長に就任、信三郎氏は新たに信三郎帆布をオープンさせます。

この時にどんなもんかと思って観光のついでに行ってきたのですが、2つのお店は道を挟んですぐ近くにありました。

 

 

 

f:id:zarathustrasprach:20170814134105j:plain

↑これがその時買ったカバン。10年くらい経ちますが、いまだに現役。

 

 

そんなこんなでしたが、従業員や、地元の有力者は、信夫氏が亡くなるまで家を出ていた信太郎氏より、会社の経営が良くなかったころから父とともに頑張って会社を成長させた信三郎氏を支持。

信太郎氏は、職人の確保や、材料の仕入れにも苦労したそうです。

その後も裁判は続き、最終的には信三郎氏が一澤帆布の経営者に復帰したそうです。

 

 

話を戻しますが、久しぶりに行ってみたときは、約10年前に行った時より明らかに混雑していて、それほど広くない店舗はお客さんでいっぱいでした。

また、若者向けのお洒落なデザインのカバンがすごく増えたなあという印象でした。

 

京都へ行ったときは1度覗いてみてもいいと思います。

八坂神社のすぐ近くなので、そこらへんの観光のついでに行くのがおススメです!

 

 

ネットでも老舗のカバンが買える!いい時代だ。

いろんなキャラとコラボしてますね、おしゃれ。

 

ハローキティ 一澤信三郎帆布たて型トートバッグ

ハローキティ 一澤信三郎帆布たて型トートバッグ