陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります

仕事をやめるという決断

特別お題「『選択』と『年齢』」

 

をしたのが28歳のとき。

 

正直入ってすぐに辞めたいと思ったが、周りからの「とりあえず3年続けてみたら」という声を聞いて3年頑張った。

 

でも、辞めたいという気持ちは変わらなかった。それどころかさらに強くなっていた。

ただ、親は「辞めるなら次が決まってからにしなさい」と反対した。

 

確かに、何の能力も資格もない自分に『次』があるのかを考えると不安になって、辞める決心が鈍った。

 

独学で勉強して公務員試験を受けたこともあった。市役所も県庁も筆記は通ったけど、面接で落ちた。今の仕事について質問されると、なかなか切り抜けるのが難しい。

 

そうこうしているうちに、もう本当にどうしようもなくなって、誰にも相談することなく辞表を提出した。

こんな自分だったけど、辞める時はけっこういろんな人が声をかけてくれた。お別れ会的なこともやってくれた。

人間関係で辞める人も多いけど、自分は人間関係にはすごく恵まれていたと思う。

 

辞めてみて思ったことは、案外どうとでもなるなーということ。

自分の場合、ハローワークで仕事を探して、割とすぐ次の会社が決まって、でもいろいろあってその会社は3か月ほどで辞めて、それでもまた次の仕事が見つかった。

 

 

今の仕事は決して給料がいいわけではないけど、サービス残業なんてないし、待遇は悪くない。ホワイトといってもいいのではないかと思う。

 

もっと早く決断できていればよかったかもしれないけど、選択自体は間違っていなかったかなとは思う。

 

f:id:zarathustrasprach:20170724233511j:plain

仕事を辞める時に貰った花束