陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります

保険の仕事をしていた時、よくしゃべるお客さんの家で…

すごくよく喋る奥さんがいた。

用事が終わってもなかなか帰れない。

 

ある日、その奥さんの家に訪問すると

「○○くん(自分のこと)、最近頑張ってるねー、けっこうお客さんからも人気あるでしょ?」

みたいな話になり、

僕「いやー、全然ですよー、そもそもお客さんと未だにあんまり話せないし」

奥さん「あ、そうなの?そんなふうに見えないけど」

僕「慣れてこればけっこういけるんですけど、初対面だとなかなか」

奥さん「あっ、そうなんだ、実は私もそうなんだー」

僕「いやいや、絶対そんなことないでしょー」

奥さん「いやいやそれがね、初対面だと緊張して、すぐ赤面するし、声震えちゃうし。あっそうそう」

 

そういうとおもむろ立ち上がり1冊の本を持ってきました。

タイトルは『どんな人とも会話がとまらず話せる本』本の帯には30分以上会話が続く!という文言が

 

その本を見せながら

「この前本屋さんでこれ見つけて。まだ読んでないんだけど、やっぱりねー、会話を続けるためには話題がないとねー、あとやっぱり相手がねー、こういう本を読むとねー」

と読んでもない本についてベラベラと喋り続け、気が付いたら30分以上経っていました。

あなたはこの本読まなくても大丈夫ですね!と全力で思いました。