陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります



現在の貧富の差はどこで、どのように生まれたのか?『銃・病原菌・鉄』

以前からブログでも書いていたように読みたいなと思っていた本です。 www.jedentagzatudan.com この本は生物学者である筆者が研究のためにニューギニアに滞在していた時、現地の人物にこう質問された場面から始まります。 あなたがた白人は、たくさんのもの…

喜劇?悲劇?そして記憶とは!?『木漏れ日に泳ぐ魚』

確かに続きが気になって仕方がない! 電車で読んだら乗り過ご過ごさないこともないかもしれない 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫) 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2010/11/10 メディア: 文庫 クリック: 6回 この商品を含むブログ (26件) を見る…

リニモで行く、モリコロパークの全日本うまいもの祭り

モリコロパーク(愛・地球博記念公園)で毎年開催されている、うまいもの祭りに行ってきました。 今週のお題「ゴールデンウィーク2018」 全国の名物やB級グルメが集結するイベントです。 実はここ数年自分も毎年行ってます。 ↑これがそのパンフレット テンショ…

時間の止まった世界での攻防『刻刻』

今連載しているゴールデンゴールドが面白くて、続きが気になって仕方がないので、同じ作者の完結済みの作品も読んでみました。 ゴールデンゴールド(1) (モーニングコミックス) 作者: 堀尾省太 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/06/23 メディア: Kind…

あの名作が2倍面白く、必ずもう1度読みたくなる!謎とき『罪と罰』

主人公とヒロインが肉体交渉があったのかまでバッチリわかります! ドストエフスキーの『罪と罰』について徹底的に研究し、解説した本。 これを読むと、ドストエフスキーってすごいな、どれだけ精巧に、いろいろ仕掛けているんだと思い、また、作者もよくこ…

【芸能界最大のタブー!?】芸能人好感度ランキング『あ行が圧倒的に多い説』を徹底検証してみた

いろいろな会社がこの手のランキングを発表していますが、有名なところで、ビデオリサーチ社が出している、「タレントイメージ調査」があります。 先日発表された2018年のランキングを見てみます。 ◆男性タレント人気土上位10 1、マツコ・デラックス 人気…

野球界随一のクセモノ指標、BABIPの意味とは!?

野球の指標についてです。数ある指標の中でもなかなか曲者なのがこのBABIPです。 BABIPは、インプレー打率と訳され、 (安打 - 本塁打) ÷ (打数 - 奪三振 - 本塁打 + 犠飛) で求められます。 本塁打を除いて、フェアゾーンに飛んだ打球がヒットになる割合を示…

我々が学んでいる歴史の正体とは?『歴史とは何か』

以前、『自分のなかに歴史を読む』という本の感想をブログに書きました。 www.jedentagzatudan.com この本を読むきっかけとなったのは、『読書HACKS!』という本のなかで、著者の原尻淳一さんが、「自身の運命を変えた本」として紹介していて、それに興味を…

知っていれば野球がさらに面白くなる指標、OPSとは

打者の能力を見る最もメジャーな指標といえば打率です。 打率は簡単に言えばどれだけヒットを打ったかを表す指標でですが、近年、この打率では打者の能力を図るには不十分であると言われるようになりました。 そこで用いられるようになったのが、このOPS(On-…

桜が咲くころ 僕らが行くころ

今週のお題「お花見」 うちの近所の桜も満開になりました。 別に名所でも何でもないですが、わりと綺麗な桜並木の道で、仕事に行くときここを通ると、なんだか励まされます。 こんな感じの、何もない道 だからこそ、桜が咲くと、いい感じ。 やや遠めから っ…

めちゃイケ最終回!!22年間ほぼ毎回"出演"していたのに、なぜか取り上げられない"あの人"に注目してみる

ついに最終回! ラストはいろいろ問題アリのコーナーもいっぱいあって、懐かしく、また面白かったけど、これで終わりなんだなあと思うと、寂しくもありました。 この放送で、めちゃイケメンバーはもちろん、中居くんや、スターにしきの、エガちゃんなど、め…

プロ野球開幕直前!!より楽しむために、2018年に改正された3つルールを確認!!

いよいよペナントレース開幕です。 さて、今年2018年は、注目すべき3つの大きなルール改正がありました。 より野球を楽しむために新ルールを確認してみます。 ↑レゴランドで撮ったやーつ もちろん全部レゴ 申告敬遠制度 通常の敬遠は、打者に対して4球ボー…

消防団の部長までやった自分の、イラっとしたことベスト5大発表!

消防団ってぶっちゃけ要らないと思う。 消防団の体験談を何度か書いてきましたが、前回はその集大成(?)といえる愚痴を書いたので、もうちょっとだけ言います。 www.jedentagzatudan.com 消防団に入ったときに、1つ上の人に言われたんですよ。消防団は本当に…

助けて!!部長まで務めたのに消防団というブラック組織から辞められない

今年度、消防団の部長を務めてきましたが、先日歓送迎会がありまして、一応その役目も終わりということになりました。 やれやれっす。 でも、これで退団といかないのが田舎の辛いところ。 ちなみに部長と言っても別にそこまでえらい立場ではありません。 自…

『人間仮免中』を読んで、疲れたけど、また明日から頑張ろうと思いました

あまりに衝撃の内容に、読み終わった後しばらく放心状態でした! 人間仮免中 作者: 卯月妙子 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2012/05/18 メディア: コミック 購入: 18人 クリック: 430回 この商品を含むブログ (159件) を見る 旦那の借金と自殺…

ターニングポイントに愛人あり!!ビートたけし、オフィス北野から独立というややこしい話を整理しました

はじめなんのこっちゃよくわかりませんでした。 なので、少し調べてみました。 まず、オフィス北野が設立された経緯です。ビートたけしははじめ太田プロダクションに所属していました。 1986年、たけしが太田プロに所属していたとき起きた事件が、あのフライ…

平昌オリンピックメダリストの「勝負曲」

BSでオリンピックの再放送やってたんで見ましたけど、メダル取った瞬間は何度見てもいいですね。 以前、マラソンの高橋尚子さんが勝負の前、hitomiの「LOVE2000」を聴いていたことが話題になりましたが、大勝負の前に音楽を聴くというアスリートはけっこうい…

ギャンブル漫画の新たな金字塔!!『嘘喰い』完結

確実にギャンブル漫画の新たな金字塔を打ち立てましたね。 暴力、イカサマ、なんでもありのギャンブルの数々はどれもハラハラドキドキもので、主人公がどう逆転するのか、どんな起死回生の一手を打ってくるのか、毎回楽しみでした。そして、毎回予想の斜め上…

コロコロらしからぬ熱い展開!『ドラベース』

この漫画が連載されていた時くらいに、自分はコロコロを卒業したわけですが、新たに傑作選が出るほど人気な作品だったんですね。 ドラベース ドラえもん超野球外伝 傑作選 1: ライバル名勝負編 (てんとう虫コミックススペシャル) 作者: むぎわらしんたろう,…

鬱小説ナンバー1!!『ボトルネック』

漫画だと鬱漫画って1つのジャンルになりつつありますけど、小説でこの威力はあまり読んだことないや。 ボトルネック (新潮文庫) 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/09/29 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 126回 この商品を含むブログ…

数日たったけど、前回のめちゃイケに対する怒りと落胆が収まらない

楽しみにしてたんですよ! めちゃイケメンバーの本気のネタが見られるということで。こんな機会は2度とないだろうと。 この本も発売日に買ってもらって 今も大事に持っています 序盤は期待通りでした。 極楽とんぼなら、不祥事ネタでしのいだり、適当にケン…

林家九蔵襲名取りやめ問題について、どこよりも簡潔な解説と、個人的見解

落語の世界も、プロレス団体並みにややこしく、ドロドロしています。 笑点でお馴染みの三遊亭好楽が、愛弟子の三遊亭好の助に、自身が以前名乗っていた林家九蔵を継がせようとしたところ、9代目林家正蔵がこれに異議を唱えたため、取りやめになったという前…

今からでも遅くない!『獄門島』は読むべき!!

ミステリーの金字塔にして、傑作。 数年前の読者が選ぶミステリーみたいなランキングでも堂々の1位でした。 獄門島 (角川文庫) 作者: 横溝正史 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 1971/03/30 メディア: 文庫 購入: 4人 クリッ…

数寄者の生き様と死に様『へうげもの』

数寄‥風流の道、特に茶の湯などを好むこと ひょうげ‥ふざけおどること。またその人。 (広辞苑第5版) へうげもの(1) (モーニングコミックス) 作者: 山田芳裕 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 購入: 2人 クリック: 2回 この…

また買っちゃいました♪

別に普通の単行本でもよかったんですが、せっかくなので。 後ろに何か持ってます。 バレンタインだし、中身はチョコですね。いいなあ、西片くんいいなあ。 まあ、いい買い物しました。 というか、そろそろくっつけばいいのに! からかい上手の高木さん 8 フ…

「わかる」とは何か?『自分のなかに歴史を読む』

大学生のときにもしこの本に出会っていたら、何か違っていたかなあー この本を読むキッカケは、読書の仕方について書かれた『読書HACKS!』という本のなかで、著者の原尻淳一さんが、「自身の運命を変えた本」と紹介されていたことです。 読書好きの人間でも…

漫画キャラで1番強いのは誰か?という究極の問いに答えた!『空想科学読本17』

中学生のころ図書室で借りてよく読んでいだけど、もうpart17も出てたんだな。 空想科学読本 (17) (いちばん強いのは誰!?)編 作者: 柳田理科雄 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売日: 2016/03/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1…

『文春砲』 著者:週刊文春編集部

ベッキーのゲス不倫からスクープを連発し、その年に「文春砲」が流行語になった週刊文春が出していた本です。 しかしなかなか思い切った手前味噌な本だな。 不倫のスクープを連発し、話題にはなってきましたが、同時に賛否両論を巻き起こしてきました。特に…

こんな本を買っちゃうくらい珍しくハマったアニメ、『化物語』

アニメは最近そこまで見なくなりましたが、ここ数年で1番ハマったのが化物語です。 キッカケはCR化物語ですけどね。 試しに見てみたら、これが本当に面白い。 一応、怪異という化物(?)を退治する話なんですが、それはともかく、主人公でツッコミ役の阿良々…

neo時代劇『無限の住人』の感想

時代劇風の漫画です。 逸刀流という流派の剣士たちに、目の前で両親を殺された浅野凛。 彼女は復讐のために、100人斬りとして名をはせ、「血仙蟲」というものを体内に取り込み、不死の体となった万次(卍)に用心棒を依頼。 2人がさまざまな剣士と戦っていく…