陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります



短く、割と綺麗にまとまったデスゲーム系『牌人ゲーム』の感想

いわゆるデスゲーム系ですね。 牌人ゲーム 1 (近代麻雀コミックス) 作者:木乃 ひのき 発売日: 2018/10/15 メディア: コミック ルールは説明が難しいんですけど、1人1人に麻雀の牌が割り当てられて、 切られたら死ぬ。 あがることが出来たらその14人は賞金を…

タイトル買い必至!個人的『3大カッコいいタイトルの小説』

以前、 「3大カッコいいタイトルのSF小説を読んでみた」 というブログを書きました。 www.jedentagzatudan.com まあこれは、化物語というアニメに出てきたものなんですが、 今回は自分が個人的にタイトルを見て「おおっ」と思って買ってしまった本を紹介し…

外山滋比古『乱読のセレンディピティ』の内容を3行にまとめた!!

『思考の整理学』で有名な方ですね。 まあ、いつも本の感想を書いているわけなんですけど、 こんな素人のダラダラとした文章を誰が読むねん、って話なので、 個人的に印象的だった箇所を3行に要約してみました。 いろいろなジャンルの本を読む、乱読によっ…

今週のお題。アニメに出てきそうな道

【今週のお題】最近何撮った? ということで。 ↓ ↓ 瀧くんと三葉が出会ってそうな階段 自粛で家にずーっといてもなあ、ってことで、 散歩に行ったときに撮った1枚です。 おまけ 岐阜駅にある信長像もマスクをしていました。 早く信長もマスクを外せるように…

三国志の脇役が主役に!『三国志外伝』

「わかった、協力しよう」 この一言が、かれの生涯をかぎりなくけわしいものとした 以前、宮城谷三国志を紹介しましたが、 この本は、その三国志本編では語られなかった、 言ってみればマイナーな人物を取り上げています。 www.jedentagzatudan.com 取り上げ…

この時期に、カミュの『ペスト』を読み返して思うこと

つまりこの瞬間から、恐怖と、それとともに反省とが始まったのである。 カミュの小説、『ペスト』は文字通り、 ペストが蔓延した都市での人々の戦いを描いた作品です。 この作品は、一般的には不条理に直面した人間の心理と、 神という存在についてがテーマ…

生涯でこのミスをしたことのない人なんて存在するの???

またやってしまいました‥ おっ、新刊出てる! と思って買ってたら、 もうすでに家にあったっていう。 しかもけっこう読み進めたところで、 (あれっ、なんか見たことあるような‥?) って感じで気付く、今日この頃。 このへんは電子書籍のほうがいいんですよ…