陽の当たる道を目指す

過去の体験談とか趣味の話をつらつら書いてきます。本の話がやや多めかも。暇つぶしくらいにはなれるように頑張ります

今からでも遅くない!『獄門島』は読むべき!!

ミステリーの金字塔にして、傑作。 数年前の読者が選ぶミステリーみたいなランキングでも堂々の1位でした。 獄門島 (角川文庫) 作者: 横溝正史 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 1971/03/30 メディア: 文庫 購入: 4人 クリッ…

数寄者の生き様と死に様『へうげもの』

数寄‥風流の道、特に茶の湯などを好むこと ひょうげ‥ふざけおどること。またその人。 (広辞苑第5版) へうげもの(1) (モーニングコミックス) 作者: 山田芳裕 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 購入: 2人 クリック: 2回 この…

また買っちゃいました♪

別に普通の単行本でもよかったんですが、せっかくなので。 後ろに何か持ってます。 バレンタインだし、中身はチョコですね。いいなあ、西片くんいいなあ。 まあ、いい買い物しました。 というか、そろそろくっつけばいいのに! からかい上手の高木さん 8 フ…

「わかる」とは何か?『自分のなかに歴史を読む』

大学生のときにもしこの本に出会っていたら、何か違っていたかなあー この本を読むキッカケは、読書の仕方について書かれた『読書HACKS!』という本のなかで、著者の原尻淳一さんが、「自身の運命を変えた本」と紹介されていたことです。 読書好きの人間でも…

漫画キャラで1番強いのは誰か?という究極の問いに答えた!『空想科学読本17』

中学生のころ図書室で借りてよく読んでいだけど、もうpart17も出てたんだな。 空想科学読本 (17) (いちばん強いのは誰!?)編 作者: 柳田理科雄 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売日: 2016/03/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1…

『文春砲』 著者:週刊文春編集部

ベッキーのゲス不倫からスクープを連発し、その年に「文春砲」が流行語になった週刊文春が出していた本です。 しかしなかなか思い切った手前味噌な本だな。 不倫のスクープを連発し、話題にはなってきましたが、同時に賛否両論を巻き起こしてきました。特に…

こんな本を買っちゃうくらい珍しくハマったアニメ、『化物語』

アニメは最近そこまで見なくなりましたが、ここ数年で1番ハマったのが化物語です。 キッカケはCR化物語ですけどね。 試しに見てみたら、これが本当に面白い。 一応、怪異という化物(?)を退治する話なんですが、それはともかく、主人公でツッコミ役の阿良々…